本文へジャンプ
  • 景観園芸は園芸のスペシャリスト集団です!

交流の必要性

(1)景観園芸産業の交流・ネットワークについて

景観園芸産業の事業者間ネットワークについては、特に生産業者と小売業者の交流、情報共有を望む声が強い。こうした交流によって、販売機会のロスといった事業者側の利便性に加えて、消費者に対して、必要な商品を必要な時に提供できる仕組みを構築することが市場の拡大につながるとの認識も見られます。

(2)他業種との交流による景観園芸産業の振興について

また、川上から川下までの情報交流システムの構築に加えて、他業種も含めた多様な業種との交流機会に対するニーズも高い。様々な分野の企業との交流により、新たなビジネス創出の機会が高まること、また新製品開発、新技術開発に各社の優位性を活かした連携による取り組みが実現できることなど、多業種との交流が、景観園芸産業の振興に不可欠であるとの認識を多くの事業者が共有していることがわかります。